ちょこっとお役立ち情報をお届け

【ダイエッター必見】月曜断食は本当に痩せる?実際に体験した私の結果

ダイエットしたいけれど運動は苦手。最近歳のせいか痩せにくくなったと悩んでいませんか?
何をしても全く痩せなかったアラフィフの私が、実際に3ヶ月でマイナス8キロに成功した月曜断食ダイエットについて、実践方法やメリット・デメリットを余すことなくご紹介します。
断食と聞いて、食べないなんて無理!続く気がしない!と思われた方もいるのではないでしょうか?
この記事を読めば、「ちょっとやってみようかな」という気持ちになれるかも知れません。

ぜひ最後までお読みください。

 

月曜断食とは?実践方法を3ステップで紹介

最近、ちまたで流行っている月曜断食。断食に関する本も何冊か出ているほど話題ですね。
私たちは、毎日3食食べお酒も飲み、時には飲んだ後のラーメンや夜食を摂取するなど、常に胃腸に物が入っている状態です。
読んで字の如くですが、不食日を設け普段酷使している胃腸を休めるのが、月曜断食です。

それでは、実践の仕方をご紹介します。

1. 不食日

月曜日は食べ物は一切口にせず、水のみで過ごしましょう。すると胃の活動が休まるため、胃腸が正常に働く環境が整い消化に使うエネルギーを修復に使えます。
実際の方法は、1日かけて1.5〜2リットルの水を飲みます。常温の水か白湯の方が、内臓を冷やさず体に優しいですね。実践してみた私は、朝から何も食べないので胃が働いていないのかお腹も空きませんでした。ご飯を食べる手間や時間を他のことに使えるので、家事も早く終わり仕事の生産性も上がり早めに就寝できるのはうれしいですね。
ただ、個人差もあると思うので、どうしてもお腹が空いて我慢できないというときは、スポーツドリンクを2口ほど「噛むように」飲んでもいいようです。

2. 良食日

火曜〜金曜は、

朝食→ 旬の果物、無糖のヨーグルト(小分けになっているもの1個)

昼食→ おかずのみ(炭水化物を除き、タンパク質と野菜などバランスよく)

夕食→ 野菜スープ、サラダ、蒸し野菜など

※ 量は咀嚼してこぶし2個分が目安です。アルコールを飲む場合は、ビールと日本酒以外の醸造酒(辛口ワイン)か蒸留酒。

3. 美食日

土曜と日曜は、炭水化物を含み好きなものを食べていい日です。断食をしているからこそ、食べる楽しみで心が幸せを感じられます。
ただし、この時も咀嚼してこぶし2個分の量を守りましょう。
アルコールも良食日と同様、ビールと日本酒以外の醸造酒(辛口ワイン)か蒸留酒なら飲んでもOKです。
日曜の夕食を軽めに抑えると、翌日の不食が比較的楽に過ごせるようですね。

月曜断食はこのサイクルのくり返しです。

月曜断食の5つのメリット

月曜断食をして体が変わったと実感したことがあります。こんな良いことがあるなら試してみようかな、と思うきっかけになるかもしれない5つを紹介します。

1. アンチエイジングの効果が期待できる

不食日に胃に何も入れないので、消化に使うエネルギーを修復に使えます。また、全身の血の巡りがよくなるので、顔の色ツヤがよくなったり髪がツヤツヤになったり、さらには免疫力や代謝が上がります。

老化防止になるのはうれしいポイントですね。

2. リバウンドしにくい

月曜断食は、蓄積型から燃焼型へ体質が変わるとされています。断食をすることで免疫力が上がり、細胞の修復や回復ができ代謝が上がるようですね。
腸活で免疫を上げるのが流行っていますが、断食は究極の腸活と言えるのではないでしょうか。
また、咀嚼してこぶし2個分の量を守っていると、自然とその量で満足できるようになるので、いつか食べたい欲求が爆発して暴飲暴食をしてしまうんじゃないかと思っていましたが、心配無用でした。

3. むくみが解消される

私の場合は、ここ2年くらい手足のむくみに悩まされていました。月曜断食で常温の水や白湯を1.5〜2リットル飲む、良食日に温かいスープを飲むなどで内臓が温まり血の巡りがよくなった結果、むくみが解消したのかなと思っています。

4. 集中力が上がる

月曜断食を始めてから、むやみに食べたいということもなくなり胃も本来の大きさに戻ったのか、咀嚼してこぶし2個分で十分になりました。
暴飲暴食をしなくなり血糖値の上がり下がりが穏やかになったため、集中力が上がったように思います。
今では何をそんなに食べたかったんだろうという感想です。

5. 甘いものを食べようと思わなくなる

私は甘いものが大好きで今でもたまに食べたくなりますが、月曜断食を始めてからこんにゃくでできているプリンなどを食べていました。
最初は「味が薄いな」と物足りなさを感じていましたが、先日の美食日に普通のプリンを食べたところ、コクがありすぎてとても甘く感じ、2口くらいで満足して驚きました。
甘いものを食べすぎていたのは実感していたので、これは嬉しい結果でした。

月曜断食の2つのデメリット

月曜断食をしようと決心しても、陥りやすいことがあります。胃腸を休ませるという断食の根本に立ち返って挑戦しましょう。

1. 不食が辛くてやめてしまう

初めて断食をしたその日に、空腹を我慢できずに結局お昼にドカ食いしてしまう人も中にはいるかも知れません。今までずっと3食食べていた習慣を変えるのは難しいですよね。本人の意志が固くないと、断食どころかダイエットはできません。

2. ゆるゆるで始めると痩せない

せっかく断食をしようと決めたのに、ご飯は食べないけれどチョコをつまみ食い、スナック菓子をつまみ食い。これでは痩せないのも当然です。
胃に水以外のものを入れてはいけないということを今一度認識しましょう。

裏技

断食中とはいえ、やはり甘いものやお菓子が食べたくなってしまう日もあります。
私は、月曜断食ダイエットをする前は必ずデザートを食べていました。昼食後にシュークリーム、夕食後にアイスクリームといった具合です。デザートがないと食事が終わった気がしませんでした。
月曜断食を始めて、甘いものを求める頻度はだいぶ減ったものの、根っからの甘党の私は今でもたまに甘いものを食べたくなります。そんな時は、美食日である土曜の朝に食べるようにしています。朝に食べるとすぐにエネルギーとなり、脂肪になりにくいようですね。
少しゆるめでも続けられるようにしながら基本は守るというスタイルで、マイナス8キロ達成できました。

実践して気づいたこと

月曜断食を始めて、一週間ごとに1キロずつするすると体重が落ち、1ヶ月でマイナス5キロ、2ヶ月でマイナス7キロ達成しました。
この時点でおなか周りがほっそりしたことを実感でき、いつも履いているパンツがゆるゆるに。太ももまでしか上がらず捨てようと思っていたパンツは余裕で履けるようになりました。
そこからなかなか体重が減らず、大好きでやめられなかったカフェラテを無糖にし、飲み物は全てお茶や水、無糖のものに徹底しました。すると、一週間でさらに1キロ減ったのです。
考えてみると、もともと太った原因は甘いものを心おきなく食べていたことを思い出し、それならその逆をするだけだと思ったのです。自分へのご褒美もほどほどに!ですね。

現在、月曜断食を始めて半年経ちますが、実はまだ目標体重と目標体脂肪に至っていません。私の性格上、あまりにもきちきちに決めるとやめてしまうかもとわかっているので、少しゆるっと続けています。
今まで減った分は、多少のグラム単位の増減はあるものの、リバウンドなしです。
もっと辛いかと思っていた断食が、今では習慣になって以前より体調もいいので、もっと早く知っていたらと思うほどです。

まとめ

タイトルで「月曜断食は本当に痩せる!?」と書きましたが、本当に痩せます。2ヶ月だけ不食→良食→美食のサイクルをきちんと守れば、おもしろいようにストンと体重が落ちるでしょう。
私は挫折するのが嫌だったので、基本のサイクルを守りつつ少し甘めに実践しましたが、それでもマイナス8キロ達成しています。

月曜断食ダイエットで変わったのは、

  • 履けなくなって捨てようとしていたパンツが余裕で履けた
  • むくみが改善され手足が楽になった
  • 肌ツヤがよくなり顔色がよくなった
  • 以前はおいしく食べていたプリンが甘すぎると感じ欲しなくなった
  • 集中力が上がった

などなどです。

月曜断食はアラフィフの私でも痩せられました。今後も目標達成のために続けていきます。
今まで何をしても痩せられなかった方に、月曜断食は特におすすめです。