2018年10月30日(火) 05:33 Uncategorizedコメント(0)

徳山市柳町の赤線(現、周南市)

前日は広島でストリップを観劇し、
昼から新幹線で山口県徳山市(周南市)
に向かった。

新幹線を降りると、ホームの窓から
きらきらと輝く海と工業地帯が見え
海なし県民の私は何だかテンションが上がった。

駅を出ると町のイベントがやっているようで
商店街に露店が出ていたりと
賑やかだった。
私はアイス食べちゃおうかな~なんて
思ったが、のんびりしてたら日が暮れてしまうので
まっすぐ目的地へ向かった。

なんだか気になる商店街にあったベンチ。

柳町に近づくにつれてスナックが多くなってきた。
あまり車も人通りも多くなく、
昔は賑やかな飲み屋街だったのかな
という印象を感じた。

ある、スナックの軒先で
ドリル片手に台かなにか
木工作業をしている男性がいたので
声をかけてみた。
そして、祖父の代にこの土地で赤線を
営んでいたとのことで
持参した地図を広げ
一緒に見ながらお話を伺わせていただいた。

ー徳山の遊郭について知っていることは
ありますか?

何度か移転しているよ。
栄町のほうに元々あって、
その後、東山町の方に移り、
昭和26年の6歳の頃に
今の柳町に引っ越してきて
祖父が遊女屋(赤線)を始めたんだ。

ー柳町は赤線ですが、
周辺に青線などはありましたか?

なかったと思う。

ー当時の屋号を覚えているお店はありますか?

明月、つるみ、玉家、京風、
松竹、一村、水明、浪速

ーこちらのお店ではお姉さん達は
何人くらい居ましたか?

7-8人居たよ。

ーお姉さん達は何歳くらいの方が居ましたか?

20-40歳かな。

ーお姉さん達の出身地など覚えてますか?

九州とか愛媛とかいろいろだな。

ーお姉さん達はワンピースや着物など、
服装はどのような感じでしたか?

着物だったね。

ー髪型などは髪結いさんが
来てくれていたのですか?

いや、こちらが直接髪結いに行っていたよ。

ーお姉さんとの思い出はありますか?

お年玉をもらったことかな。

小学生の頃、お姉さんに「頂戴よ!」
なんて、言うとくれたりしてさ。

ー売春防止法後は転業などしましたか?

旅館になったよ。
でも、なかなかみんな泊まりたがらないから
辞めて貸店舗にしたよ。

ーお姉さん達は売春防止法後は
旅館で働いていたのですか?

33年以降は親元に返したりだったね。

ー売春防止法後、周りのお店では
潜りでの営業はありましたか?

なかったと思う。
中には少しはあったかもしれないけどね。

ー周辺で街娼などいた覚えはありますか?

いや、立っていなかったね。

ー芸妓さんはいましたか?

芸妓はいない。

ー他に性的娯楽はありましたか?

高校生くらいまではストリップ小屋も
あったね。すぐなくなってしまったけどね。

ーあそこは中庭だったのですか?

そうだよ。
昔は池になっていて鯉を飼っていたんだけど、
孫が入って遊ぶから今は埋めてしまったよ。

ーお勉強不足ですいませんが、
徳山は何で栄えた街ですか?

化学工場だね。大きなのが3つあってね、
出光、日新製鋼、東ソー。
柳町にも日新製鋼の社員寮があったよ。
あとはフグかな。粭島が発祥なんだよ。

ーこの辺りの方言などありますか?
また、何弁というのですか?

徳山弁だよ。
〜のんた。とか、使うかな。
そうでしょうって意味だね。

一気にまとめて会話を書いてしまったが、
少し話したところで別れ、
周辺を散策していたところ、
再度私を探してくれたようで
「昔の地図があったと思うから、
良かったら見るかい?」
と、声をかけていただきました。
そして、お家にお邪魔させていただき
詳しくお話を伺わせていただきました。
ありがたいことに地図のコピーを頂いたり、
当時のお写真を拝見させていただきました。
(当時の写真の掲載許可済み)

思いがけず、丁寧に教えていただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。
また、実際に当時の娼妓のお姉さん
の生写真を見るのは初めてで
今自分がいるこの土地、このお家で
働いていたのだな思うと当時に思いを馳せ
込み上げてくるものがありました。
お姉さんたちの写真はお正月の写真で
皆さん素敵な着物を着て髪の毛をセットし
お化粧していて素敵だなって只々感動。
一緒に写る実のお姉さんや近所の子供も
きちんと着物を着ていて当時の暮らしが
伝わってきた。

実際に足を運び、町を歩き、
現地でお話を聞き親切にしていただいた。
初めて訪れても人と触れ合ったり
町を知り奥行きが出るというか、
温かみを感じ、旅って良いなと改めて感じました。
きっと、運もあるだろうけど。
私はお礼を伝え、同じ山口県の柳井市に向かいました。

更新日時:2018年10月30日(火) 05:33 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ